マザー牧場は大人も子どもも楽しめる!ジンギスカンは是非食べたい!

最近昼間だったらだいぶ暖かくなってきたので、マザー牧場にいってきました。

 

f:id:meyaa:20170312221143j:plain

f:id:meyaa:20170312221213j:plain

 

入場料

【一般】

大人(中学生以上)  1,500円
小人(4歳~小学6年生)800円

 

【マザーファームツアーセット券】

大人(中学生以上)   2,400円
小人(4歳~小学6年生)1,300円

 

f:id:meyaa:20170312221250j:plain

f:id:meyaa:20170312221243j:plain

 春フェス・350万本の菜の花が満開

 

 今の時期はちょうど350万本の菜の花が満開でとてもきれいです。4月あたりまではこの光景を見られるのではないでしょうか。

時間は10時半ぐらいに着いたのですが、その日は以外と混んでいて、いちご狩りが9時45分には受付終了となっていました。みんな早すぎ。フルーツトマト狩りもありましたが、それもそのあとすぐに受付終了になっていましたね。やりたい人は早く行かないとできないかもしれません。

 

 ジンギスカンについて

 マザー牧場に行ったら是非ジンギスカンを食べて欲しい!

場内には食事をとれるところが何箇所かありますが、入り口入ってすぐ左にある「ジンギスカンガーデンズ」がおすすめ。

ここは1000席もありとてもひろく、天気が良いと外で食べることもできます。

メニューは色々ありますが、自分が頼んだのは、ラム肉、野菜盛り合わせ、ソーセージ3種、ラムチョップ、ライスにしました。牛肉とラム肉の盛り合わせがあったり、海鮮もあったりと種類は豊富です。

ここの創業以来の秘伝のタレはニンニクがきいてておいしい!タレ売って欲しい!見つからなかっただけで売っているのか?!絶対売れる。

 

f:id:meyaa:20170312221100j:plain

f:id:meyaa:20170312221106j:plain

 必ず食べているのがラムチョップ。カラフルな香辛料でしっかり味付けをしてあって、じっくり焼いてたべると、噛んだ瞬間肉汁がすごいんです。肉も軟らかく、本当においしい!ラムチョップ買って帰りたい!!

食事をするところは多く、ハンバーグやステーキ、ローストポークなど、たくさんあります。

 

ジンギスカンの後に行くのは入り口入ってすぐにある「まきばCAFE」ここではアイスクリームが売っています。今回はキャラメルアイスクリームにしてみました。食後のアイスは別腹!牧場のアイスって美味しいんですよね。また外で食べられるのもいいのかも。

 

f:id:meyaa:20170312221114j:plain

 その他にも楽しめることはたくさん!

 そのあとは菜の花を鑑賞しながらわくわくランドの方へ。途中菜の花をバックに写真を取る人が多くいました。一面の菜の花をバックに撮る写真はきれいなんですよね。標高も高いので、眺めも最高です。

わくわくランドは子どもが楽しめるアミューズメントパークです。自分は眺めているだけでしたけど。奥にはバンジージャンプができる所もありましたが、これも眺めているだけでしたが、勇気ある方は是非チャレンジを。

ショーも時間ごとに色々やっています。子豚のレーズだったり、羊の大行進だったり、時間配分を考えれば全部を見る事も可能だと思います。

馬には人参を、ミニヤギにはヤギ専用の餌を直接あげることもできますし、ふれあい広場では触れる事も可能です。

 

少し離れた所では乳搾りもできます。自分はホットミルクを飲みながら眺めていましたが。やっぱり牧場の牛乳は飲まなきゃ損ですね!絞ったミルクを牧場内で75℃15分殺菌するパスチャライズ殺菌という方法をとっており、一般的な高温殺菌とは違い臭みもなく、飲みやすかったです。

f:id:meyaa:20170312221445j:plain

 花粉症の人は注意!対策を怠るべからず!

花粉症の人はこの時期に何も対策もせずに行くと、大変なことになります。

牧場は山の上、杉に囲まれています。自分も花粉症なのですが、何も対策をしなかった時は本当に辛く、牧場内でマスクを購入しました。

今回は花粉症用の薬を飲んでから行ったので、とても快適でしたが。

周りにもマスクをしている人はいましたし、花粉症の人は牧場を楽しむためにも薬を飲んだり、マスクをしたりなど対策をしておきましょう。

 

 今年で55周年。まだまだ進化している牧場。

マザー牧場は今年で55周年。今でも人が多く、海外からの観光客も来ています。さらにはまだまだ牧場は進化しています。今回行った時も、また新しい建物を作っていました。

子どもも大人も楽しめるこの牧場を、多くの人に楽しんで貰いたいを思います。